店長(店長候補)の募集はアパレル業界で店長経験があると採用に有利になる傾向があります(※求人によっては店長経験が必須)。

また求人が普通の販売スタッフでもキャリアパスがしっかりしている企業では能力や適性が公平に評価され結果的に店長になりやすいこともあります。逆に求人には「店長候補」と記載があっても人事制度が不透明で実態は一般の販売スタッフと変わらないこともがあるので注意が必要です。

さらには企業によって店長に求められる資質も違うので採用基準にも差があります。

このように、店長になるまでのプロセスや採用時に求められるのが企業によって異なるという状況であなたの希望に合った正社員求人を見つけるには転職支援サービスが役立ちます。

理由は、コンサルタントから応募前に店舗運営や人事制度の実態や店長候補採用するときに重視するポイントなどを確認できるので転職後に思わぬ後悔をしなくて済むからです。

アパレル店長の正社員求人が充実している転職支援サイト

クリーデンス
人材大手のインテリジェンスが運営。2001年のサービス開始と歴史がありたくさんのアパレル関係企業とコネクションあり。店長や店長候補求人も充実。

アパレル店長の仕事

店長は店舗運営の責任者。役割と突き詰めて言えば「売上目標の達成」になります。そのためには、日々の接客はもちろん、売場管理・売上管理・在庫管理・スタッフ育成・顧客情報の管理など仕事内容はたくさんあります。同じブランドでもどんなお店になるかは店長次第で決まります。大変なことは多くてもやりがいがある役割です。ただしブランドによって店長の裁量には差があります。また同じ店長でもスタッフが数人の店舗と数十人の店舗では求められる仕事の質も異なります。

アパレル店長の給料・年収

CREDENCEが発表しているアパレル業界の職種別平均年収によると店長は下記のようになります。

2013年 2014年 2015年
25~29歳 319万円 319万円 332万円
30~34歳 375万円 360万円 376万円
35~39歳 393万円 397万円 428万円

全体的に店長の給料は上昇傾向にあります。ここ数年で店舗系スタッフが長く働けるように給料を含めた待遇改善に取り組んでいる企業が増えているので基本的には給料は徐々に増えて行くと予想されます。

アパレル店長の悩み

アパレル店長の悩みとして代表的なものは、

  • 売上目標を達成が厳しい
  • 本部からのプレッシャーがきつい
  • 売上に直結する業務以外に時間がとられる
  • スタッフの育成が上手くできない
  • 本部からのプレッシャーがきつい
  • シフト調整が大変で休みがとれない

などがあります。ただし企業によって店長になるための研修やサポートには差があるので同じ店長というポジションでも悩みの度合いや実感は大きく異なる印象です。

まとめ

アパレル業界の店長・店長候補の求人は企業によっていろいろな基準が異なる。転職支援サービスを利用して実態を確認することや店長の採用基準に合わせた対策をすることが大切。

>>評判が良い転職支援サービスはクリーデンス