バイヤーとして転職するにはアパレル業界で一定年数以上のバイヤー経験が求められます。それに加えて募集企業が展開するブランドのカテゴリへの理解の度合い、海外買い付けが発生する場合は英語力などが募集要件になります。

なおバイヤーに類似する職種としてMDがあります。一般的にはバイヤーとMDはともに仕入れに関わる点では共通しています。MDの場合は、仕入れ後のマーケティング・販売戦略まで業務範囲となります。しかし特に日本メーカーではMDとバイヤーを兼務する場合も多いです。そのためブランドによってはあなたががイメージするバイヤーの仕事とは業務内容が異なる可能性があるので注意が必要です。

良い求人を見つけるには転職支援サービスを活用

さらにバイヤーの求人自体がアパレル業界のなかでも人気があり募集があるとすぐに採用が決まってしまうのでチャンスを逃さないためには転職支援サービスに登録しておく必要があります。

好条件な求人を見逃さない可能性が高まるのはもちろん、ブランドごとに採用で重視されるポイントなどを事前にコンサルタントから教えてもらえるので採用確率も高まります。

バイヤーの正社員求人が充実している転職支援サイト

クリーデンス
人材大手のインテリジェンスが運営。2001年のサービス開始と歴史がありたくさんのアパレル関係企業とコネクションあり。バイヤーやMDの求人も充実。

バイヤーの仕事

上述のようにブランドによって業務範囲は異なります。基本的にはブランドの販売方針・コンセプトにマッチした商品を仕入れる仕事となりますが必要なのは目利きだけではありません。常に最新の情報にアンテナを張り巡らせておくこと、納品~在庫の管理、仕入れた商品の販売動向の分析力など様々な能力が必要になります。

また展示会などのオフシーズンには店舗で接客業務に従事することもあります。お客様と直に接することでニーズをつかむ貴重な機会です。

バイヤーの給料・年収

転職の求人では正社員の場合で300~400万円で募集がされることが多いです。しかし企業によってバラつきが大きく前職までの経験が評価されるたり、MDよりの業務が多い場合は400万円以上の求人もあります。また入社後の給料体系もブランドによって違いがあります。給料について気になることは応募前に転職支援サービスのコンサルタントに質問しておきましょう。

まとめ

バイヤーの正社員求人は、

  • 人気職種なのですぐに採用決まって応募終了となりやすい
  • バイヤーの業務範囲がブランドによってバラつきがある

ため、転職支援サービスに登録していち早く最新情報を入手できるようにしておくことが大切。

バイヤーの求人探しで評判が良い転職支援サービスはクリーデンス